車の水温計のHランプが点滅!点灯しないための4つの対処法とは?

車に取り付けられているメーターの中には
Hのランプがありますよね。

このHのランプは車の冷却水の水温が
上がっていることを表します。

つまりHOTの頭文字のHなのです。

「では、このHランプは
どんなことが原因で点滅するの?」

と疑問に思っていらっしゃる方のために、
ここでは、

  • 車の水温計のHランプが点滅する原因
  • Hランプが点灯しないための 対処法

について解説させて頂きたいと思います。

車のHランプが点滅する原因や点灯しない
ための対処法について詳しくお知りに
なりたい方は、ぜひ以下の記事を読んで
みてくださいね。

Sponsored Links

車の水温計のHランプが点滅するのはどんな時?4つの原因

7bc3f4465114782a715f0b4b74eea33a_m

車の水温計のHランプは冷却水の水温が
高くなった時に点滅or点灯します。

赤く点滅するときは通常の水温より
高くなった時ですが、それ以上に水温が
上昇すると点滅ではなく赤く点灯します。

車のHランプが点滅、つまり冷却水の
温度が上昇するのには以下の
4種類の原因があります。

①冷却水の量が少なくなっている

冷却水は車のエンジンの温度を
下げるためにホースからウォーターポンプ、
ラジエーター本体を循環しています。

それらの部品の中でもゴムでできている
ホース類は劣化しやすいです。

ホースが経年劣化し亀裂が入ったり
破損したりするとそこから冷却水が
漏れだし水温が上がり車のHランプが
点滅する原因となるのです。

②ウォーターポンプが故障している

ウォーターポンプは車のエンジンを冷やす
ための冷却水を循環させるための装置です。

このウォーターポンプも経年劣化すると
シャフト部分のシールが劣化して
冷却水が漏れ水温が上昇し、Hランプが点滅
する原因となります。

③冷却用の電動ファンが故障している

車は低速走行時には風を受けて冷却する
ラジエーターを冷やすことができないので、
冷却用電動ファンが回ることにより、
人工的に風を作り出してラジエーターを
冷やしています。

この冷却用の電動ファンが故障してしまうと
低速走行時にラジエーターを冷やすことが
できなくなってしまうので、水温が上昇し
Hランプが点灯する原因となります。

④サーモメーターが故障している

サーモメーターは車の冷却水を一定レベルに
保つための装置です。

この装置が故障すると冷却水を冷やすことが
できなくなるので水温が上昇し、Hランプが
点滅する原因となります。


エンジンが破損すると修理費が高額に!

車のエンジンは燃料であるガソリンを爆発
させることで駆動するため、常に高温に
さらされた状態になります。

冷却水不足や電動ファンの故障などが原因で
正常な温度に冷やすことができないと高温に
なりすぎてしまいエンジンそのものが破損
してしまいます。

エンジンが破損してしまうとエンジン
そのものを乗せ換えなければいけなく
なります。

エンジン本体の価格も載せかえる工賃も高額
なので、エンジンの修理には本体価格プラス
工賃で20万円以上はかかると考えておいた方
が良いでしょう。

修理費が高額になりそうなら乗り換えも検討!

購入したばかりの新車ならエンジンが破損
した場合には修理することを考えてもよい
と思います。

年式の古い車や走行距離が多い車の場合は
新車と比較するとこれからも故障する確率
が 高くなってしまいます。

そのような年式の古い車や走行距離の多い
車のエンジンが
破損した場合は、高額な
修理費用を支払って修理し乗り続けるよりも
乗り換えたほうがお得な場合があります。

次のサイトは簡単に車の査定額を無料で計算
してくれるサービス
を行っていますので、
乗り換えを検討されている方は一度チェック
してみてはいかがでしょう?

愛車を最高額で売るコツとしては、
複数社で査定して価格や内容を比較する
ことがベストと言えます。

何故なら買取業者によって驚くほど査定額
に違いがでるからなんです。

かんたん車査定ガイドのおすすめポイント

  • 完全無料で買取相場がすぐわかる
  • 45秒簡単入力のスピード査定
  • 全て優良企業による安心査定

また下記サイトの利用で下取りよりも
買取の方が平均で14万円もお得になった
という結果もでていますので買取査定を
利用しない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドで愛車の値段を見てみる

車を売却する時の査定額を事前に比較
しておけば、業者との交渉の幅が広がり
高価買取りにつながりますよ!

かんたん車査定ガイド

点滅する原因の見極め方

車の水温計のHランプが点滅したら、
車の安全な場所に停止させ、ラジエーター
のサブタンクの冷却水の量をチェックして
みましょう。

冷却水の量が減少していた場合に考えられる
原因としては、

  • 冷却水を循環させるときに使用する
    ホース類に亀裂が入っている
  • 破損していて冷却水が漏れている
  • ウォーターポンプのシャフト部分の
    シールが劣化して冷却水が漏れている

などから、水温が上昇している可能性が
あることが見極められます。

冷却水の量は十分なのにHランプが点滅
している時
は、エンジンをかけた状態で
ボンネットを開けて冷却用の電動ファンが
動いているか
確認しましょう。

もし、エンジンがかかっているのに
電動ファンが止まっていたら電動ファン
の故障が原因でHランプが点滅していた
のだと見極められます。

それ以外の原因の場合は、ロードサービス
やディーラー、自動車整備工場に連絡し、
点検・対処してもらうことをおすすめします。

以下のサイトでも車の水温計が異常に
上がった時の原因について解説しています。

車の水温上昇の原因や対処法について詳しく
お知りになりたい方は、ぜひ以下のサイトを
ご覧になっておいてくださいね。

車の水温計が異常に上がる!これって故障?原因と対処法は?


Hランプが点灯しない時の4つの対処法

wood-1007668_1280

Hランプを点灯させないための対処法
には以下の4種類の対処法があります。

①冷却水の水量が十分なら暖房を全開にする

車のHランプが点灯した時は、
まず、車を安全な場所に停車させ、
ボンネットを開けてラジエーターの
サブタンクの冷却水の量をチェック
してみましょう。

もし、冷却水の量が十分なら暖房を全開
にすると水温の上昇を抑えることができ、
結果、Hランプが点灯しなくなります。

②冷却水の量が少ない時はボンネットを開けてエンジンを冷ます

冷却水の量が少ない、もしくはない場合は、

ボンネットを開けてエンジンが冷える
のを待ちましょう。

③エンジンが冷えたら冷却水を追加する

エンジンが完全に冷えたら
冷却水が減った分だけ冷却水を追加
してみましょう。

youtubeにて冷却水を補充している様子を
撮影している動画を見つけました。

どのように冷却水を補充するのか
お知りになりたい方は、ぜひ以下の
動画をご覧になってくださいね。

④ロードサービスやディーラー、自動車整備工場に連絡する

ラジエーターのホースが裂けていたら
いくら冷却水を追加しても症状は改善
されません。

ホースの劣化による冷却水漏れが疑われる
場合
は、加入しているロードサービスや
お近くのディーラーまたは自動車整備工場
に連絡し対処してもらいましょうね。


まとめ

mercury-1681428_1280

いかがでしたか?

車の冷却水の温度が上昇したときに点灯する
車のHランプが点滅する時は、
以下の4種類の原因が考えられます。

  1. 冷却水の量が少なくなっている
  2. ウォーターポンプが故障している
  3. 冷却用の電動ファンが故障している
  4. サーモメーターが故障している

もしHランプが点灯した時は、以下のような
対処をすることをおすすめします。

  • 冷却水の水量が十分なら暖房を
    全開にする
  • 冷却水の量が少ない時はボンネット
    を開けてエンジンを冷ます
  • エンジンが冷えたら冷却水を追加する
  • ロードサービスやディーラー、
    自動車整備工場に連絡する

冷却水不足や電動ファンの故障などが原因
で正常な温度に冷やすことができないと
エンジンが高温になりすぎ破損して
しまいます。

エンジンが破損してしまうとエンジン
そのものを乗せ換えなければいけませんが、
エンジンの修理には本体価格プラス工賃で
20万円以上と修理費用が高額となります。

年式が古い車や走行距離が多い車に
乗っていらっしゃる方も修理費が高額
になる可能性が高いので以下の記事も
参考にしてください。

軽自動車の走行距離の寿命は10万キロ?20万キロ~30万キロは無理?

高額な費用を支払って修理するくらいなら
いっそ乗り換えようかと悩んでいるなら、
現在乗っている車を上記でご紹介しました
車査定ガイドで買取り業者を比較検討し、
売却&乗り換えを検討することを
おすすめします。



車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

トラブル

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

ドライブリペア 編集部をフォローする
ドライブリペア~車の修理専門サイト~
タイトルとURLをコピーしました