車のサイドブレーキが戻らない!すぐに解除する方法とは?

車のサイドブレーキは、
車を停車や駐車するときに使用しますが、

もし、運転しようとするときに
サイドブレーキを元の状態に
戻すことができなかったら
とっても困りますよね。

「マイカーのサイドブレーキが
戻らなかったときの対処法が
わからない・・・」

という方のために、ここでは

  • 車のサイドブレーキが戻らないのは
    どうしてなのか
  • 車のサイドブレーキ戻す方法

について解説させて頂きたいと思います。

車のサイドブレーキが戻らない原因や
サイドブレーキを戻らない時の対処法を
お知りになりたい方は、

ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

Sponsored Links

車のサイドブレーキを戻らないのはどうして?

サイドブレーキは
車を停車や駐車するときに使用したり、

フットブレーキがきかない時に
非常用のブレーキとして使用したりします。

そんな役割を果たす車のサイドブレーキを
引いたり、元の状態に戻したりできないと、
安心して車を運転することができないですよね。

「でも、なぜ車のサイドブレーキが
戻せなくなる時があるの?」

と疑問に思われた方のために、

以下に車のサイドブレーキが
戻らない原因について
詳しく解説させて頂きたいと思います。

サイドブレーキのロックが解除できない場合

実は、サイドブレーキを強く引きすぎて
ロック解除ボタンが
押せなくなっている状態のときには、

車のサイドブレーキを
元に戻せなくなる場合があります。

そんなサイドブレーキの
ロックが解除できないことが原因で
サイドブレーキを元に戻せない場合は、

サイドブレーキを引きつつ、
普段より強い力でロック解除ボタンを押せば
サイドブレーキのロックが解除でき、

サイドブレーキを元の状態に
戻すことができます。


ロックを解除しても戻せない場合

サイドブレーキのロックボタンを解除できても
サイドブレーキを元に戻せない場合もあります。

その原因サイドブレーキを作動させる
ワイヤーがさびて固着しているか、

ブレーキ系統のトラブルが発生している
可能性があります。

この場合は、ロックが解除できないために
サイドブレーキが戻せなかったときのように
自分で対処することができませんので、

普段お世話になっているディーラーか
自動車整備工場に点検・修理を
依頼しましょうね。

サイドブレーキを戻す方法!

サイドブレーキの戻し方は、
足踏み式サイドブレーキ
ステッキ式サイドブレーキによって
異なります。

「足踏み式サイドブレーキと
ステッキ式サイドブレーキ、
どちらのサイドブレーキの戻し方も
知っておきたい!」

という方のために、

以下に足踏み式サイドブレーキと、
ステッキ式サイドブレーキの戻し方
詳しくご紹介させて頂きますね。


足踏み式サイドブレーキの場合

女性が好んで乗る軽自動車や
トヨタのパッソなどのようなコンパクトカー、

大衆車のAT車に多く搭載されているのが
足踏み式のサイドブレーキです。

普段、レバー式のサイドブレーキに
慣れ親しんでいらっしゃる方は、

いざ、足踏み式のサイドブレーキが
搭載された車に乗ろうとすると

使い方がわからなくて
戸惑ってしまうと思います。

そんな事態にならないように、
足踏み式のサイドブレーキの戻し方も
含めた使い方をご紹介させて頂きます。

足踏み式サイドブレーキは、
一度踏み込むとロックがかかり、

再度同じ足踏み式サイドブレーキを
踏み込むとロック状態を解除し
戻すことができます。

他にもロックするときはペダルを
踏むけれど、戻すときには

コンソールにあるレバーを引いて
戻すタイプの足踏み式サイドブレーキも
あります。

もし、詳しい足踏み式サイドブレーキの
詳しい使い方を乗る前に
知っておきたいのであれば、

車についている取扱説明書を熟読しましょう。

中古車などで取扱説明書が
ついていない場合は
ディーラーに問い合わせて
説明してもらいましょうね。

ステッキ式サイドブレーキの場合

現在では一部の車種でしか
使用されていないようですが、

車のコンソール下の
T字型のレバーを使用して
ブレーキをかけるタイプの
ステッキ式サイドブレーキ
搭載している車も少なからず存在します。

このステッキ式のサイドブレーキは、
上記でご紹介致しました

車のコンソール下の
T字型のレバーを
手前にぎゅっと引くことで
サイドブレーキをかけることができます。

また、解除、つまり戻すときには
T字型レバーの裏側についている
解除ボタンを握りながらレバーを引き、

左に回すとロックが解除され、
T字型レバーを戻すとサイドブレーキは
元に戻るようになっています。

日産のリーフのサイドブレーキは
レバーを引いたり、ペダルを踏んだりしない
電動式のサイドブレーキが搭載されています。

その電動のサイドブレーキについて
詳しく紹介している動画を
youtubeで見つけました。

どのようなブレーキなのか興味がある方は、
以下の動画をご覧になってくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

サイドブレーキが戻らない時に
考えられる原因は、
以下の2種類の原因があります。

①サイドブレーキのロックが
解除できない場合

②ロックを解除しても戻せない場合

あと、一般的にはレバー式の
サイドブレーキが付いた車を
使用されていらっしゃる方が
多いと思いますが、

AT車に多く搭載されている
足踏み式ブレーキ

一部の車に搭載されている
ステッキ式のブレーキも存在しますので、

レバー式のブレーキが搭載された車を
普段使用されている方も、

代車などで足踏み式や
ステッキ式のサイドブレーキが
搭載された車を

運転しなくてはいけない事態も
発生するかと思いますので、

使い方がわからない方は、
上記でご紹介致しました

足踏み式・ステッキ式
それぞれのロックの仕方&戻し方を
チェックしておき、

いざというときのために
備えておきましょうね。



車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「なびくる+」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒なびくる+で非公開車両の詳細を確認する


【この記事もよく読まれています】
トラブル

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

ドライブリペア 編集部をフォローする



ドライブリペア~車の修理専門サイト~