スポンサーリンク

車の塗料が剝がれた!自分でキレイに補修する方法&おすすめ商品とは?

ちょっとボディをこすった!
経年劣化で車の塗料が剥がれた!

という時、あなたはどうしますか?

車の塗料が部分的にはがれた時、
真っ先に思い浮かぶのが、

ディーラー(または板金屋)に
相談しなきゃいけないかな。。。

と思う事があるかと思いますが、
実は自分でキレイに治すことも可能なんです!

今回は、車の塗装を自分で補修する方法と
おすすめ補修アイテムをご紹介します^^

スポンサーリンク

剥がれてしまった車の塗装を自分でキレイに補修する方法

peeling-paint-230678_960_720

車の塗装は車が好きな人であれば、
ごく小さなキズでも気になりますよね。

軽いキズなら、補修グッズと補修方法さえ
知っていれば、小さなキズならわりと
簡単に愛車が元通りに^^

しかも、
キズをそのままにしていると、
そこからサビが広範囲に
広がってしまいます

ぜひ、一度キズの補修にチャレンジして
みましょう!

剥がれた塗装をきれいに補修するポイント

自分で修理する場合は、
ホームセンターやカーショップで、
車の補修用スプレーやタッチペンというものを
購入して塗るという方法があります。

劣化した部分をそのまま装置し、
あわてて塗りなおしても、
そのうち内側から劣化してしまうので、
劣化部分をコンパウンドで削って磨き、
その上に塗装するのがポイントです。

しかし、劣化の度合いによっては、
板金屋で再度塗装が必要になって
しまう場合も。

修理費用も高くなってしまいますので、
ご注意を!

車の塗装のカラーの調べ方

車の塗装のカラーには「所謂塗色番号
というものがあり、
トヨタなら「040~」
日産なら「KH2~」などがあります。

所謂塗色番号は、ボンネットを開けると、
銀色のプレートに、刻まれています

最近では、

運転席や助手席のドアを開けるとシールが貼ってあり、そこにプリントされている車種

運転席シートの下のフロアーカーペットの切れ込みをめくるとプレートが貼り付けてある車種

等もありますので、ボンネットを開けても
記載がない時は、室内も良く探して
みてくださいね。

どうしてもわからない!
という場合は、下記HPで調べる事も可能です^^

ホルツ ペイント商品検索
http://www.holts.co.jp/paint/

補修なび
http://www.99kobo.jp/paint/

しっかり自分の車の塗装番号を確認してから、
購入するようにしましょう!

自分でキレイに補修する方法

車のボディ、バンパーにはカラー塗装に
プラスでメタリック、パール・マイカ塗装等
加工がされている場合があります

その場合はカラーの上にクリアーを塗ったり、
カラー塗料の前に、プラサフというサビ防止や
保護のための下地塗料を塗ること
完璧に補修することができます。

補修する場合は、下地処理シャンプーや
コンパウンドシートで、周囲の塗装の汚れも
落としておくのがオススメです。

また、耐水のサンドペーパーで、キズの部分と
周囲の段差をならし、指でなでても段差を
感じなくなるまでていねいに磨きます。

キズと周囲の境目より3cmくらいのところまで
マスキングして、バンパープライマーを
サッとスプレーします。
(※スプレーは拭き取らない)

そして、プラサフを少しづつ、
キズが見えなくなるまで塗装します。
塗り終わったらマスキングを外し、
表面が乾くまで、乾燥させます。

その後、カラーペイントを塗装し、
次にクリアーを塗ります。

最後にボカシ剤で周囲の塗装との色合いを
調整し、コンパウンドでざらつきを消し、
磨き上げれば完成です!

仕上げにWAXをかけておけば、
なお艶感がまして、OKですね^^

車の剥がれた塗装を補修するのにおすすめの商品と値段

graffiti-1184384_960_720

車の剥がれた塗装を補修するのには、
スプレータイプやペンタイプが、
簡単かつ手軽に補修できるので、
オススメです^^

スプレータイプの塗料

缶スプレーは、いろいろな種類のものが売られています。

1本2・300円程度のものから、
1,000円を超えるものまで様々。

かと思えば、一般用から自動車補修専用等、
ボディの色に合わせて作られたものもあります。

きれいに仕上げたい場合は、安価すぎるものは
避けたほうがいいでしょう。

自分で補修するのに必要な道具は、

1.ぼかし剤
2.スプレー缶(またはタッチペン)
3.クリアー用スプレー

これは用意した方がいいかなという道具

4.シリコンオフ
5.マスキング用テープ(※部分塗装の場合)
6.サーフェイサー
7.コンパウンド

がほとんどです。

スプレー缶の量や製品の質にもよりますが、
1.~7.の道具を全て購入するとなると、
費用は10,000円~15,000円前後が目安です。

ちなみに、用意した方がいい道具は、
塗装前の下準備で使用しますので、
キレイに補修したいという方は用意しておきましょう^^

アサヒペン 高耐久ラッカースプレー 300ML ツヤ消し黒

41sgd4-4mql-_sx425_

車の塗装を補修するのであれば、
強靭な塗膜・優れた光沢性能を発揮する
ラッカー性のスプレータイプがベストです^^

耐久性に優れ、垂れにくいハイソリッドタイプで
シリコン変性高級アクリルラッカースプレーです!

⇒Amazonで高耐久ラッカースプレー 300ML ツヤ消し黒の口コミを確認する

タッチペンタイプの塗料

傷が小さいなら、スプレーより、
ペンでタッチアップする、がオススメ。

広範囲はスプレーに対し、小さい傷は
じっくり埋める事ができるタッチペンの
ほうが、きれいにできますしね^^

SOFT99 ( ソフト99 ) ペイント キズペン

 

塗るというより描くだけで、しかも60秒で
スピーディに補修ができるタッチペンです。

ボディ・樹脂バンパーどちらにも使用可能で、
キズを埋めながら隠せるクレヨンタイプで、
垂直な部分にもスイスイ塗れます。

⇒AmazonでSOFT99 ( ソフト99 ) ペイント キズペンの口コミを確認する

 

まとめ

aultman-street-839382_960_720

いかがでしたか?

筆者は女子ですが、タッチペンを使用して
キズを補修するときもあります^^

ちょっとした工作に色を塗るような感覚で、
楽しんでいます(笑)

塗装剥げ=ディーラーor板金屋

と思われがちですが、小さいキズなら
ぜひ自分でやってみるのも有りだと思います。

数万円という費用も抑えられますし、何より、
ちょっとした技を覚えられるというのもメリットがありますよね^^

ぜひ、試してみて下さいね♪

スポンサーリンク

車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。



メンテナンス

車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。


⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

ドライブリペア~車の修理専門サイト~
タイトルとURLをコピーしました