車のヒーターが効かない原因は?修理費用&応急処置法を解説

冬場、寒い時期に運転するときに
欠かせないのが車のヒーターですが、

夏場はともかく、冬場にヒーターが壊れて
効かなくなってしまうと
運転するときに寒くて困ってしまいますよね。

「突如車のヒーターが壊れてしまったとき
どう対処したらよいのかわからない・・・」

というかたのために、ここでは

  • 車のヒーターが効かない時
    考えられる原因
  • 車のヒーターが効かない時
    応急処置方法

についてご紹介させて頂きたいと思います。

車のヒーターが効かない原因や対処法について
詳しくお知りになりたい方は、

ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

Sponsored Links

ヒーターが効かない!考えられる4種類の原因とは?

冬場に車のヒーターが
効かないなんてことになったら
大変ですよね!

そんなヒーターが効かない状態になるのには
4種類の原因が考えられます。

そこで、以下に車のヒーターが
効かない時に考えられる4種類の原因について
詳しく解説させて頂きますね!

原因1:エンジン・サーモスタットの故障

車のサーモスタットが壊れて、
エンジンのラジエーターに
常に水が流れるようになると、

冬場など外の気温が低い場合
冷却水の温度が
40度から50度ぐらいに
低下してしまうので、

暖房能力が低下してしまい
車のヒーターが
効かなくなってしまうことがあります。

もし、車のヒーターが効かないと感じた時に
車のメーターの水温計をチェックして、

15分ぐらい走行しても水温計の針が
中央まで届かない場合は、

エンジン・サーモスタットの故障が
車のヒーターが効かない原因として
考えられます。


原因2:エア・ミックスドアの故障

現在販売されている車に搭載されている
エアコンの大半は、

エバポレーターという熱交換器で
空調の風を冷却&除湿し、

ヒーターコアという熱交換器で
エンジンの冷却水の熱を使用して
空調の風をあたためています。

そのヒーターコアの前に
エア・ミックスドアという
部品があるのですが、

このエア・ミックスドアは
ヒーターコアに流れている通路と、
ヒーターコアを迂回する
2種類の通路があります。

車はこの2種類の通路の空調の
風の配分量を切り替えて
ヒーターの温度調節を行っていますので、

もし、エア・ミックスドアが故障して
ヒーターコアを迂回する通路のみに
空調の風が流れてしまうと
車のヒーターが効かなくなってしまいます。

マニュアルエアコンを使用されている方で、
車のヒーターが効かない時に

温度レバーを切り替えた時の
空調の風の騒音の音色が
変化していないようであれば、

車のヒーターが効かない原因は
エア・ミックスドアの故障であると
考えられます。

オートエアコンの場合は、
最低温度と最高温度で
空調の風の騒音の音を比較し、

どちらの場合も音に変化がないようであれば、

車のヒーターが効かない原因は
エア・ミックスドアの故障であるといえます。

原因3:エア・ミックスドア制御の異常

上記でご紹介致しました
エア・ミックスドアが故障していなくても

エア・ミックスドアを制御している
エアコンの電子制御回路が
破損している場合
車のヒーターが効かなくなることがあります。

ただし、エアコンの電子制御回路が故障すると
ヒーターだけでなく他のエアコンの制御にも
トラブルが発生する場合があるようです。

原因4:温度センサーの異常

車には室温センサーと水温センサー、
外気温センサーなどの温度センサーがあり、

これらのセンサーは
オートエアコンの制御に使用されています。

もし、車のヒーターが効かない
外気温が低い時にAUTO機能をオンにして
最高温度の32度にヒーターを設定したとき、
吹き出し温度が高くなり、

25度設定だと吹き出し温度が
あまり高くない時は、

上記でご紹介致しました、
室温センサーもしくは水温センサー、
または外気温センサーなどの
温度センサーにトラブルが発生して
車のヒーターが効かなくなっている
可能性があります。


ヒーターが効かない時の応急処置の方法は?

車のヒーターが効かない原因
上記でご紹介しましたように

  • エンジン・サーモスタットの故障
  • エア・ミックスドアの故障
  • エア・ミックスドア制御の異常
  • 温度センサーの異常

などが考えられます。

どれも、車のメカニックに詳しくない方では
対処できないものばかりです。

できれば、車のヒーターが効かなくなった時は
すみやかにお近くのディーラーや
自動車整備工場に
修理を依頼したほうが良いのですが、

「ヒーターが効かなくて寒いけれど、
とりあえず何時間か運転したい!」

という場合には、カー用品店などで購入できる
シートヒーターを購入して
急場をしのぎましょう

お近くにカー用品店がない場合は、
貼るタイプの使い捨てカイロを購入して
急場をしのぐのもおすすめです。

youtubeにてシートヒーターの設置方法や
使用感を紹介している動画を見つけました。

シートヒーターとはどのようなものなのか
興味のある方は、

ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

修理に出すと費用はどのくらいかかる?

車のヒーターが故障した場合、
修理をしなくてはいけない箇所は、
症状によって異なります。

車のヒーターが故障した場合に
修理が必要となる箇所と
修理に必要な費用の相場
修理費用が高い箇所順
いくつかご紹介しますね!

①ヒーターファンの
交換・・・5万8千円ほど

②ヒーターコアの
オーバーホール・・・3万6千円ほど

③ラジエーターの
オーバーホール・・・2万6千円ほど

④ウォーターポンプの
交換・・・2万4千円ほど

⑤ヒーターバルブの
交換・・・2万1千円ほど

⑥ヒーターホースの
交換・・・1万3千円ほど

⑦サーモスタットの交換・・・7千円ほど

⑧水温センサーの交換・・・6千円ほど

⑨冷却水の交換・・・6千円ほど


まとめ

いかがでしたか?

車のヒーターが効かなくなる原因
以下の4種類の原因が考えられます。

①エンジン・サーモスタットの故障

②エア・ミックスドアの故障

③エア・ミックスドア制御の異常

④温度センサーの異常

もし、これらの原因で
車のヒーターが効かなくなった場合は、

ディーラーや自動車整備工場に
故障した部分を修理・交換してもらわなくては
いけなくなります。

どうしても、ヒーターが効かない状態で
車に数時間乗らなくてはいけないのであれば、

お近くのカー用品店で
シートヒーターを購入するか、

貼るタイプの使い捨てカイロなどを
活用して急場をしのぎましょうね。



車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


【この記事もよく読まれています】
トラブル

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

ドライブリペア 編集部をフォローする



ドライブリペア~車の修理専門サイト~
タイトルとURLをコピーしました