車のエンジンがかからない!絶対ダメな処置&セルが回る時の対処法とは?

冬場の寒い時期って
エンジンをかけようとしても
なかなかかからなかったりしますよね。

そんな時は、どうにかしてかけようと
皆さんあれこれ試してみるのではないかと
思います。

ですが、車のエンジンが冬にかからない時に
やってはダメな処置もあるのです!

そんな、冬場に車のエンジンがかからない時に
どのような処置をしたらダメなのか
わからない方のために、ここでは

  • 車のエンジンが冬にかからない時
    やってはいけない処置
  • セルが回るのに
    エンジンがかからない原因と対処法

について解説させて頂きたいと思います。

「車のエンジンがかからない時に
考えられる原因と対処法や
冬場に車のエンジンがかからない時に
やってはダメな処置を知っておきたい!」

という方は、ぜひ、以下の記事を
読んでみてくださいね。

車のエンジンが冬にかからない時にやってはダメな処置!

冬場の気温が低い時期に、
車のエンジンがかかりにくい、
もしくはかからない時ってありますよね。

そんな車のエンジンがかからない時に
良かれと思ってやっている処置が
実はダメな場合があるって
皆さんご存知でした?

冬場に車のエンジンがかからない時に
かえってやってはダメなことがあることを
ご存じない方のために、

以下に冬に車のエンジンがかからない時に
やってはダメな処置3つ
ご紹介させて頂きますね。

 ①連続してセルモーターを回す

実は、冬場にエンジンがかからない時に、
どうにかしてエンジンをかけようとして
何度も何度もセルモーターを回すことって
よくありますよね。

でも、連続して
セルモーターを回してしまうと、

車のバッテリーの電力がなくなってしまい、
バッテリー切れになってしまいます。

ただし、バッテリーはその特性上、
5分から10分経過すると
ある程度回復しますので、

エンジンをかけなおすときは、
5分から10分おきに、数秒だけ
セルモーターを回してみるようにしましょう。

数十秒も連続でセルモーターを回すと
すぐバッテリーが切れてしまいますので
やめておきましょうね。


 ②プラグがガソリンで湿っているのに始動を試みる

エンジンのピストン内には、
点火装置の役割を果たす
気化ガスを点火するプラグがあります。

冬場寒い時期
エンジンがかからないからと言って

何度もエンジンを始動して点火を試みると
この点火プラグがガソリンで湿ってしまい
点火しづらくなってしまいます。

この点火プラグが
ガソリンで湿っているときに
始動を何度も試みても点火しづらいので、

全くエンジンが
かからなくなってしまったら、
30分から60分ぐらい車を放置し、

点火プラグが乾いたところで再び
エンジンの始動させてみてくださいね。

 ③せっかくエンジンがかかっても短距離走行ですぐにエンジンを止める

かからないエンジンも
何度も始動させることによって
かかるようになる場合があります。

ですが、何度も連続で
セルモーターを回した後のバッテリーは
かなり消耗しています。

消耗したバッテリーは
車を走行させることで充電されますが、

せっかくエンジンをかけても
短距離しか走行しなかったら、

消耗したバッテリーを
十分充電することができずに、

次にかけようとしたときには
エンジンが全くかからないという事態に
陥りかねません。

何度もセルモーターを回したことで
バッテリーが消耗していると感じたときは、

最低でも車を5キロくらいは
走行させるようにしましょうね。

セルが回るのにエンジンがかからない原因と対処法

セルが回るのに
エンジンがかからない時って
どう対処したらよいのか
困ってしまいますよね。

そんな困った状況に陥った時のために、
以下にセルが回るのに
車のエンジンがかからない原因と対処法
ご紹介させて頂きます!

気温が低い時

冬場など気温が低いときには
点火プラグの火花が出にくくなるので、

セルモーターでエンジンを回転させても
エンジンがかからなくなります。

さらに、何度もセルモーターで
エンジンを回転させると
バッテリーの性能も落ちてきます。

そんな気温の低いときに
セルモーターでエンジンを回転させても
かからない時は、

数秒セルモーターを回してみた後、
5分から10分時間をおいて

再度、セルモーターを回してみると
エンジンがかかることがあります。

ガス欠の時

いくらセルモーターが回っていても、
ガソリンがなければ、
エンジンはかかりません

セルモーターが回るのに
エンジンがかからない時

燃料メーターをチェックしてみて、
ガス欠のようであれば

加入しているJAFなどのロードサービスや
普段お世話になっているディーラーや
自動車整備工場に連絡して
給油をお願いしてくださいね。

燃料を供給する部品が故障しているとき

セルモーターが回転し、
放電もしっかりしている場合であっても

燃料を供給する部品が故障して
燃料が供給されていない場合

いくらセルモーターを回しても
エンジンはかかりません。

そんな時は、自分では対処することが
難しいので、

ディーラーや自動車整備工場に連絡して、
車を点検・修理してもらいましょうね。

youtubeにてバッテリーはOKなのに
エンジンがかからない時の対処法を
紹介している動画を見つけました。

バッテリーがOKなのに
エンジンがかからない時に
どのように対処したらよいのか
お知りになりたい方は、

ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

冬場の寒い時期って
車のエンジンがかかりにくいですが、

そんな冬場の寒い時期に
エンジンがかからない時には、

以下の3種類の
行ってはいけない処置があります。

①連続してセルモーターを回す

②プラグがガソリンで湿っているのに
始動を試みる

③せっかくエンジンがかかっても
短距離走行ですぐにエンジンを止める

さらに、セルが回っても
エンジンがかからない時は、

気温が低いときには、
数秒セルを回した後、
5分から10分時間おいてかけなおしてみたり、

ガス欠の場合はロードサービスや
ディーラー自動車整備工場に
給油をお願いしたり

燃料を供給する部品が故障していると
考えられるときは、
自分では対処できませんので、

ディーラーや自動車整備工場に
車の点検・修理を依頼しましょうね。

 

車を売る人必見!後悔しない売却のコツ
車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。その理由は、

・複数社で見積もりの比較は面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格で、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはネット無料の車査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で査定額がスグにわかる。

・複数の見積もり比較不要で、手間がかからない

・信頼できる業者のみ!安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒50万円以上高く売れるかも?!一括査定の詳細はこちら

 

トラブル

車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。


⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

ドライブリペア~車の修理専門サイト~
タイトルとURLをコピーしました