車のデッドニングの方法!DIYで安く済ませる5つのポイント

車で聴く音楽の音
もっと良く出来たらいいのになぁ・・
と思ったことありませんか?

ちょっとした雑音や振動なんかでも
音の質は落ちますよね。
”ビリビリ”といった振動音
皆さん聞いたことあるのでは??

実はそんな振動音や雑音を
クリアにする方法があるんですよ♪

車に内臓されているスピーカーの
音を良くする【デッドニング】をすれば
とても良い音質で音楽を聴く事ができると
最近【デッドニング】をする人が
増えているそうです!!

『やってみたいけど、よくわからない。』
『どのくらい費用がかかる?』

と、気になっている人の為・・・

  • デッドニングの効果
  • どのくらいの費用がかかるのか
  • DIYで安く済ませる方法

をご紹介したいと思います!!

デッドニングについて詳しく知りたい人、
なんとか安く済ませたい人、

DIYの方法を知りたい人
ぜひ参考にしてみてくださいね☆

Sponsored Links

車のデッドニングとは?その効果はあるの?

デッドニングとは、車の
ドアの振動をなくしたり音の抜けをよくし
車に内臓されているスピーカーの音
良くすることを言います。

車のドアの振動は、ダイレクトに伝わり
『ビリビリ』とした音が出てしまったり、
音自体もあまり良い音ではない
という事が多いと思います。

それを調整するため、制振素材
吸音素材などを取り付けると
余計なノイズをなくす事ができ、
良い音になるというのが
【デッドニング】です。

デッドニングの効果

デッドニングをすれば、
必ず音がよくなるのか?ということを
調査してみたところ、
正しい方法でデッドニングすれば
とても効果を感じられるようです。

しかし、元々振動の少ない高級車
デッドニングの施術の仕方によっては
あまり効果が出なかったという人も。

効果が出ないと言うよりは、
元々振動を抑えている高級車は
ロードノイズを抑えてあるため、
デッドニングしても
あまり違いが出ないようです。

後は、デッドニングの方法
きちんとしないと効果は出ません。

デッドニング専門店やカー用品店で
やってもらえば効果は出ると思いますが
一体いくらくらいの費用がかかるのか
調査してみましたので
次の章でご紹介しますね!!

Sponsored Links

デッドニングの費用はどのくらい?

デッドニング、気になるけど
やっぱり気になるのは費用面ですよね?

いくらくらいかかるのか調査しました!!

まずは、デッドニング専門店や
カー用品店でした場合・・・

  • 工費など込み、ドア1枚
    5,000~40,000円

専門店などでは、ドア1枚の値段ですから、
全部のドアを施すと、かなりの金額
なりますよね。

ではDIYではどのくらいかかるのか
というと・・・

  • 5,000~20,000円

DIYでは材料費しかかからないので
費用面では経済的といえると思います。

DIYする場合に必要な材料は・・・

  • 制振シート
  • 吸音シート
  • 防音シート
  • 防音テープ
  • ブチルテープ
  • パーツクリーナー
  • 工具、ヘラなど

です。

必要な材料が、キットになって
売っているものもありました。


https://www.amazon.co.jp/

キットの値段はだいたい

  • 1,000~9,000円程度

でした。

かなりお安く済みそうですよね!!
次の章で、そんなDIYの方法
詳しくご紹介していきます♪

Sponsored Links

デッドニングをDIYで安く済ませる5つのポイント!

せっかく自分でやるからには
安く済ませたいですよね??

DIYの醍醐味ともいえる
費用を抑えて完璧に作業をこなすポイント
5つご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね☆

1.デッドニングの仕組み・作業工程を確認

デッドニングは、スピーカー周辺の
空気の通り道を出来る限り無くす事、
さらに制振・吸音する事で、
外の音や影響をシャットアウトする事
スピーカーのポテンシャルを上げる
仕組みになっています。

どんな作業をするのかというと・・・

デッドニングの作業工程

①ドアの内張りを剥がす
②各配線を外し、ドア内側を掃除する
③アウターパネルに防振材を貼る
(スピーカーの背面を重点的に)
④インナーパネルにも防振材を貼る
(なるべく隙間を埋めるように)
⑤内張りに制振材を貼り、元に戻す

大まかな作業工程はこのようになります。

こちらの動画も参考にしてみてください。

あまりこういう作業になれていない人は
大体3時間程度の作業時間を
予定しておいた方がよさそうですね。

2.必要な材料を確認

先ほどもご紹介しましたが、
必要な材料は・・・

  • 制振シート
  • 吸音シート
  • 防音シート
  • 防音テープ
  • ブチルテープ
  • パーツクリーナー

です。

DIYする場合でも、キットなどを購入すれば
比較的簡単に材料を揃える事が
出来ると思いますよ。

Sponsored Links

3.必要最低限の工具を確認

内張りを剥がしたりするには
最低限の工具が必要になります。

  • 内張り剥がし
  • プラスマイナスドライバー
  • ハサミ
  • ヘラ


https://www.amazon.co.jp/

工具は必要最低限揃えてから
作業に取り掛かるようにしましょう。

4.ホームセンターを活用

必要な材料や工具を揃えるときに
ホームセンターを活用すれば
一度に全ての物が揃いますし、
目で確認して買えることと、
店員さんに相談する事も出来る場合も
あると思いますので便利です。

通販でも勿論揃いますが
対応車種など細かい部分を確認
無駄な出費を抑えると良いですよね。

5.100均で調達できる素材

実は、100均に売っているアイテム
デッドニングできるそうなんです。

例えば・・・
耐震マットをスピーカーの取り付け部分に
挟んだり、アルミテープでサービスホールを
塞いだり。

こちらの動画で実践していますので
見てみてください。

100均の物を使えば、
安く作業を済ますこと
可能になりますよね。

材料や工具をしっかりと吟味して
揃えてから作業していけば
DIYで、かなり材料費を節約できると
思いますよ!!

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか??

専門業者などに頼むと高くつく
デッドニングも、自分で材料を揃えて
DIYすることで、かなり安くでき
音質もよくなりそうですよね!!

ぜひ参考にしてTRYしてみてくださいね♪

参考になれば幸いです!!

Sponsored Links



車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車を一括査定で楽に売るコツ!
車を売りたくて一括査定を申し込んだら
業者から電話が鳴り続けて対応が大変で面倒・・・

そんな悩みがある方は、無料で愛車の最高額がわかる
『ユーカーパック』がおすすめ
です。

ユーカーパックが人気な理由とは

  • 1度の査定で最大2000社が公開入札
  • 電話連絡はユーカーパックの1社からだけ
  • ディーラー下取りよりもお得♪
  • 複数の業者と会ってやりとりをしなくて済む
  • 完全無料で査定できる♪

など、車に詳しくない・交渉が苦手と言う
人でも簡単に利用することが出来ます。

また相場が事前にわかれば、買取業者に
安く買い叩かれる心配がありません。

⇒ユーカーパックで無料査定の詳細を確認する