車のクーラーから異音!考えられる原因と3つの対処法とは?

に乗っているときに車内が暑いので
クーラーをつけていたら異音がした!

なんてことありませんか?

クーラーから異音がしたら、
車のどこかが故障しているのだろうとは
予測がつくけれど、

「クーラーから異音が発生したら
どのように対処したらよいのか
わからない・・・」

という方は結構多いと思います。

そんな方のために、ここでは

  • 車のクーラーから発生する異音の原因
  • 車のクーラーから発生する異音への
    3つの対処法

について解説させて頂きたいと思います。

車のクーラーから異音がするのだけれど、
考えられる原因は何か、

また、異音がしたらどのように対処したら
良いのか知っておきたい方は、

ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

 

車のクーラーから発生する異音の原因とは?

b42658875f060701ac8c739818d8d6b3_m

車のクーラーから異音が発生するときは、

クーラーに関連する車のある部分が
故障している可能性があります。

「でも、車のクーラーから異音がしたら
どこが故障しているのかわからない・・・」

という方のために、

以下に、車のクーラーから発生する
異音の原因について
詳しく解説させて頂きます!

 

ブロアファンモーターの故障

車のクーラーのスイッチを入れると、
カラカラとかキュルキュルといった異音
助手席の前から発生したり、

クーラーの送風口から
風が出ていなかったりする状態の時は

ブロアファンモーター
故障している可能性があります。

このブロアファンは、
エアコンガスがエバポレーターを通過する際に
促す気化熱により冷たくなった空気を
車内に送風する役割を果たしています。

ブロアファンモーターが故障すると
いくらエアコンのスイッチを入れても
送風できなくなってしまうため、
エアコンが機能しなくなってしまいますので、

早めの修理が必要となります。


コンプレッサーの故障

そもそもコンプレッサーとは
空気を圧縮して液体にするための装置で、

クーラーに使うガスを
気体や液体に変化させて
循環させるために必要な装置です。

車のクーラーのスイッチを入れたときに、
ギギギという異音
エンジンルームから発生したときには、

このコンプレッサーの故障が原因である
可能性があります。

 

コンプレッサーが故障する原因は?

コンプレッサー
ガス量が足りていないと作動しないので、

コンプレッサーが正常に作動しなくなる
一番の現認はガス不足です。

ガスを入れたらコンプレッサーが
作動するようであれば、
ガスが漏れている可能性があります。

また、ガスを十分にチャージしたのに
コンプレッサーが作動しない場合は、

コンプレッサーそのものが
故障している可能性がありますので、

コンプレッサーを修理・もしくは
交換する必要があります。

 

車のクーラーから発生する異音への3つの対処法!

tic-tac-toe-1777859_1280

上記でご紹介したような異音
車のクーラーから発生した場合は、

その異音や故障の状況に応じた
対処法を行う必要があります。

そんな、車のクーラーから
異音がした場合の適切な対処法

以下にいくつか
ご紹介させて頂きたいと思います。

ブロアファンモーターを修理

車のクーラーのスイッチを入れたときに、
カラカラとかキュルキュルといった
異音が発生した場合は、
ブロアファンモーターの故障が疑われます。

異音の原因がブロアファンモーターの
故障の場合は、
ブロアファンモーターを新品のものと
交換する必要があります。

ディーラーや自動車整備工場に
ブロアファンモーターの交換を
お願いしてもよいのですが、

新品のブロアファンモーター
ネットショップなどで
5千円~4万円ほどで購入できるので、

自分で交換することも可能です。

youtubeでブロアファンモーターは
どのように交換するのか
解説している動画を見つけました。

ブロアファンモーターは
どのように交換するのか
見ておきたい方は、

ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

 

リビルト(中古)のコンプレッサーと交換

車のクーラーのスイッチを入れたときに、
ギギギという異音がエンジンルームから
発生したときには、

コンプレッサーの故障が原因
可能性があります。

その場合はディーラーや
自動車整備工場に依頼して
コンプレッサーを
交換してもらうことになります。

新品だと費用がかなりかかるため、
多くの場合は
既存の部品を洗浄して再び取り付けた
中古品であるリビルトとの
交換になるようです。

リビルドと交換する場合には
だいたい7万円前後ぐらい
費用がかかるようです。

 

新品のコンプレッサーと交換

コンプレッサーが故障した場合は、
ほとんど中古つまりリビルト品と交換するのが
一般的なようですが、

費用はリビルト品より高くなりますが、
新品のコンプレッサーと交換してもOKです。

費用は新品の場合
メーカーや車種によって異なりますが、
大体13万前後費用がかかるようです。

まとめ

road-1610959_1280

いかがでしたか?

車のクーラーから異音が発生した場合は
その異音の種類によって
故障箇所が異なります。

例えば、車のエアコンの
スイッチを入れたときに、

カラカラとかキュルキュルといった異音
助手席の前から発生した場合は、

ブロアファンモーターの故障の可能性があり、

車のエアコンのスイッチを入れたときに、
ギギギという異音がエンジンルームから
発生したときには、

コンプレッサーの故障が原因として
考えられます。

ブロアファンモーターの故障の場合の
対処法は、以下の通りです。

  • ディーラーや自動車整備工場に
    新品のブロアファンモーターとの
    交換を依頼する
  • 自分で、ネットショップなどで
    新品のブロアファンモーターを
    購入して取り付ける

コンプレッサーの故障が異音の原因の場合は、
ディーラーや自動車整備工場に依頼して

リビルト(中古)もしくは
新品のコンプレッサーと

交換してもらわなくてはいけません。

リビルト品だと費用は7万円前後
新品だと車種やメーカーにもよりますが、

だいたい13万円前後費用がかかりますので、
コンプレッサーの故障が疑われる場合は、

ご自身の予算に合わせて
リビルト品か新品かどちらかを選び
交換してもらいましょうね。

 

車を売る人必見!後悔しない売却のコツ
車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。その理由は、

・複数社で見積もりの比較は面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格で、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはネット無料の車査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で査定額がスグにわかる。

・複数の見積もり比較不要で、手間がかからない

・信頼できる業者のみ!安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒50万円以上高く売れるかも?!一括査定の詳細はこちら

 

トラブル

車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。


⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

ドライブリペア~車の修理専門サイト~
タイトルとURLをコピーしました