コンパウンドで失敗しない!車の傷をキレイにする3つ方法!

すごく大切にしていた愛車に
「傷~!!」
とてもショックですよね(涙)

ちょっと木の枝に引っかかっただけでも
傷がついちゃった経験をした人は
多いのではないでしょうか?

そうなんです。
意外と車の塗装って弱いものなんです。

車自体は金属なんですが、
表面には塗装を施してあるので、
その塗装が剥げて
傷に見えるってことなんです。

では、自分で直すことが
できるのでしょうか?

「う~ん。コンパウンド
だったらできるかも?!」

って思った人ちょっと待ってください!

このコンパウンド、
自己流でやっちゃったら
失敗してしまいますよ、、、(汗)

今回は、コンパウンドで
よりきれいに仕上げる3つの方法

ご紹介したいと思います☆

愛車の傷をコンパウンドでキレイにしよう!

まず、コンパウンドって
どういう意味か知っていますか?

コンパウンドとは?!
直訳したら、混合物。合成したもの。
という意味です。
それだけでは、ピンっとこないかもしれませんね。
分かりやすく言うと、”研磨材”のことです。


意味が分かったところで、、、

コンパウンド自体は
どういう成分なのかというと、
ざらざらとした粉末が研磨材になります。

粉末だけでは使えないので、
油分を加えたものが販売されています。

■ペースト状
■液体

この2種類があり、
一般的には液体のほうが
多く使われているものになります。

では!!
実際に傷をきれいにする3つの方法
伝授しましょう♪

この3ステップであなたの車も
ピッカピカですよ♡

ポイント1:傷を落とすなら細かい粒子から

いきなり粗い粒子で磨くと
失敗のもとです。

落せない場合のみ、
粗い粒子に替えてみましょう。

ポイント2:艶を出すには粗い粒子から

傷が落とせたら、周りの凸凹との差を
縮めるように粗い粒子からだんだんと
細かい粒子へと磨いていきましょう。

ポイント3:広範囲はポリッシャーで

のほとんどは狭い範囲が多いですが、
ボンネットやドアなど、
広い範囲を磨く場合は手磨きはNGです!

自動のポリッシャーで磨くと、
より均一に力がかかり仕上げ磨きには
最適なアイテムになります。

以上、
この3つの磨き方を工夫していけば、
みなさんもプロなみの仕上がりになること
間違いなしですよ。

プロ仕様にもなると、
傷によって異なる研磨材の種類を
使い分けて直しているようですが、
これは素人には難しいですね。


絶対にやってはいけないコンパウンドの磨き方

コンパウンドは研磨材です。
力任せで磨いてしまったら、
失敗を招きますよ~!

実際にはコンパウンドを使うと
塗装を剥がすことになるので、
磨くのにはコツがあります。

余計な塗装をできるだけ剥がさないように
傷の部分だけを中心に削ってしまうと、
逆に傷が目立つこのになってしまいます。

ですから、傷に集中するのではなく、
周りも気持ち優しく擦るイメージを
持つことです。

磨くときのコツとテクニック
知っていれば単純な作業です。

☆磨くときのコツ☆
○縦磨きばかりでなく、縦横と均一になるように磨く。
○広い範囲だとスポンジ。
○狭い範囲だとウエスで。


文字にすると磨き加減の表現が
難しいのですが、

強く磨くのではなく、
優しく程よい力加減で、、、

と言ったら伝わるでしょうか☆

はじめは傷を落とすために

少し力を入れますが、
力の入れすぎに気を付けてくださいね。

細かい粒子で仕上げ磨きをするのですが、
成功すると表面が見違えるほど、
ピカピカになるので、

仕上がりが楽しみになりますよ♡

まだ、磨き方に自身のない方は、
こちらをご覧ください!!
きっとコツが掴めますよ。↓

正しい使い方を知っておこう!

コンパウンドを使用したら、
コーティング前の下地処理
重要になってきます。

今までは粗い粒子で磨いていたので
傷をなくすために磨いていたのに、
また磨いた傷が付いてしまっています。

それを目立たなくするための
下地処理です。

下地処理というのは、
傷にもよりますが簡単に説明すると、
一番細かい粒子のコンパウンドで磨く
ということです。

この仕上げ磨きがピッカピカになる
もっとも大切なポイントなので、
見逃してはいけませんよ!!

古い車のライトの黄ばみもコンパウンドで解消!

ヘッドライトの黄ばみ・くすみの原因は、
ほとんどが経年劣化によるもの。

だからといって、
諦める必要はありませんよ。

コンパウンドとコーティング剤を使うことで
新品みたいに
きれいになるんです♪

■粗めのコンパウンドを使用する。

■仕上げにコーティング剤を使用する。

コーティング剤を使う理由は、
磨いたままにすると、
せっかく磨いたのに
すぐに
劣化してしまうからなんです。

この2つに注意してまずはトライです!!

ピカールとコンパウンドの違いは?

ピカールとは、、、
あるメーカーの商品名です。

コンパウンドの種類の中の一つで、
特徴的なのが、頑固な汚れに最適で、
液だれがないので使いやすいと評判ですね。

わたしも一度試したことがあるのですが、
ヘッドライトのプラスティック部分に
使うと本当にきれいになるので
おすすめです。

おすすめのコンパウンドを紹介!

まずは、液体コンパウンドです。

■素人に使いやすいのがコレ!
■小さな傷、水垢も落せます。
■小粒子、中粒子、粗目あり

1本あれば下地処理も
できるものもあるので、
便利なアイテムですよ!

また、職人仕上げに最適なのが、
固形コンパウンドです。

ですが、粒子が粗いので素人が使うと
せっかくの艶や塗装が剥げやすいので、
注意が必要ですね。

はじめて使う人には、
おすすめできません。

水垢を落とす方法も伝授!!
気になる方はこちらもどうぞ♡
車の水垢の落とし方は?プロが教える3つのポイント!

まとめると、、、

できるだけ傷が目立たないように
仕上がる方法を教えてきましたが、
いかがでしょう?!

コンパウンドを使うことは、
何度も言うようですが、
塗装を剥がすことになってしまいます。

傷を落とす目的としては、
仕方のないことなんですが、
下地処理の仕方で本当にきれいに
できるんです。

傷が落ちたとしても、
その落そうとした傷は残りますが、
それを入念に仕上げるのがポイントです☆

作業の時間はかかりますが、
きれいに仕上がった表面は
気持ちのいいくらいに
”ピッカピカ”になりますよ~!!

 

車を売る人必見!後悔しない売却のコツ
車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。その理由は、

・複数社で見積もりの比較は面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格で、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはネット無料の車査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で査定額がスグにわかる。

・複数の見積もり比較不要で、手間がかからない

・信頼できる業者のみ!安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒50万円以上高く売れるかも?!一括査定の詳細はこちら

 

DIY

車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。


⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

ドライブリペア~車の修理専門サイト~
タイトルとURLをコピーしました