車のオルタネーターが故障?修理費と交換時期の目安を解説!

車を動かすのに必要な電気を貯めておく
部品がバッテリーですが
バッテリーの電気がなくなると
車が動かなくなってしまいます。

そこで減ってしまった電気を充電するために
必要な発電機のことを「オルタネーター」
といいます。

もしオルタネーターが故障してしまうと
バッテリーが上がってしまい

・出かけようとしたら
エンジンが始動できない

・走行していたら
急にエンジンが止まってしまった

なんてトラブルに
なってしまうこともあります。

でもあらかじめ故障の症状や対処方法を
知っていればトラブルを未然に防げたり
慌てず対処できることもあります。

今回はそんなオルタネーターの
故障にまつわる知識をいくつか紹介しますので
ぜひ参考にしてください。

Sponsored Links

オルタネーターの故障の症状は?

もしもオルタ―ネーターが故障したら
どのような症状が出るのでしょうか?

症状を知っていれば

あれ?この症状は
オルタ―ネーターの故障かも?

と分かるので大事になる前に対応ができ
いざというときに慌てなくて安心です。

それではここから
どのような症状があるのか紹介していきますね。

①バッテリー警告灯が点灯する

この症状が一番分かりやすい症状です。

車のメーターの中には様々なマークの
ランプがありますが
その中でも赤い色のランプは警告のランプです。

バッテリーの警告ランプは
そのままバッテリーの形をした
赤いマークが出ます。

点灯の仕方が

・バッテリーのマーク単体での点灯
・バッテリーのマークの他に
数種類のマークも点灯

このような2種類の点灯パターンがありますが
点灯しているランプの中にバッテリーのマークが
ある場合はオルタ―ネーターの故障の
可能性が高くなります。

警告灯の点灯はこの動画が参考になるので
見てみてください。

バッテリーの警告灯って?方も
このランプは見たことがあるはずです。

②エンジンがかからなくなる

さあ出かけようとしたらエンジンがかからない!

・エンジンキーかけようとしても無反応
・キーをオンにしても
メーターのランプが何も点灯しない

・セルモーターが勢いよく回らない

このような症状でエンジンがかからない場合は
バッテリーあがりの可能性があります。

単純にバッテリーが劣化して
エンジンがかからない場合が多いのですが
オルタ―ネーターが故障している時もあります。

バッテリーが充電
されなかったことで

バッテリーがあがってしまう
場合だね!

この場合はバッテリーを交換すれば
エンジンがかかるようになりますが
しばらくするとまた同じようにエンジンが
かからなくなってしまうので注意が必要です。


③ヘッドライトが暗くなる

車を夜間走行中に
ヘッドライトは必ず点灯しますが
そのヘッドライトの明かりが

・いつもよりも極端に暗いと感じる
・エンジンの回転の上下にあわせて
 ヘッドライトの明るさが変わる

このような症状が現れた時も
オルタネーターの故障が疑われます。

オルタ―ネーターの故障により充電できなく
なることでバッテリーに貯められた電気だけで
ヘッドライトを点灯するので電気が不足し
このような症状が現れ易くなります。

④電圧が異常

レーダー探知機や車の状態が確認できる
メーターなどの後付け用品をつけている方も
いらっしゃいますよね。

このような用品には車の電圧を表示できる
もあるのでこれを利用して確認することも
可能です。

多少の誤差はありますが
通常のバッテリーの電圧は12.6Vです。

オルタ―ネーターが正常に機能していれば
どんなに電気を消費している状態でも
この電圧を下回ることはありません。

最近は燃費をよくするためにオルタ―ネーターの
作動は細かく制御されていますが
通常走行中は14V前後の電圧が正常な状態です。

電圧がバッテリーの電圧以下になる場合や
常にバッテリー電圧よりも少し高い位の
電圧しか出ない場合は注意が必要です。

エンジンをかける前と後の電圧が
同じ場合はNGです!

⑤異音がする

これは難しいのですが
エンジンがかかっている状態で
エンジン回転に伴ってうなり音などの
異音がしてくることがあります。

エンジンのウォーターポンプなどの
他の原因の場合もありますがオルタ―ネーターの
軸に使われているベアリングの
異常で異音が発生しているかもしれません。

ここまでオルタ―ネーターの故障の時に
発生しやすい症状を紹介しましたが
いかがでしたか?

症状はこれが全てではありませんが
今回紹介した症状が現れる場合が多いので
このような症状が感じられる時は
オルタ―ネーターの故障を疑った方が無難です。


オルタネーターの故障の原因は?

そしてここからはオルタ―ネーターの故障の
原因について紹介しますね。

原因が分かれば故障の予防や
事前の対処もできるかも?

①走行距離

オルタ―ネーターに限ったことではありませんが
走行距離が延びれば故障のリスクは高まります。

走行距離が延びれば当然エンジンが動いている
時間が長くなるのでエンジンの回転を利用して
動いているオルタ―ネーターの
作動時間ももちろん長くなりますよね。

これはつまりオルタ―ネーターの
内部の部品にも消耗部品があるので
稼働時間が長ければその部品は減ってしまい
作動できなくなってしまうということです。

これが一つの原因となります。

②ベルトの張り

オルタ―ネーターはエンジンの回転を
ゴムのような素材でベルトを介して
作動させています。

このベルトの張りが適正でない
オルタ―ネーターの故障の原因と
なる場合があります。

最近はこのベルトの張りの調整は
自動調整の車も多くなってきていますが
まだまだそうでない車もあります。

このベルトの張りが強すぎると
オルタ―ネーターの軸に使われている
ベアリングに負担がかかり
唸り音などの異音が発生することがあります。

ひどくなると軸のがたつきが大きくなって
オルタ―ネーターが
回転出来なくなることもあります。

しかも張りが緩くてもベルトの
滑りなどによって発電不良となることもあるので
注意が必要です。

定期点検や車検などで
プロの目のチェックがお勧めです!

③オイル漏れ

そして最後の原因となりますが
オイル漏れです。

少し車のことが分かる方は

オイル漏れでオルタネーターが??

と疑問に思うかもしれませんが
これも故障の原因となります。

オルタ―ネーター自体にはオイルは
使用していませんがエンジンから漏れた
オイルやオイル交換時に
こぼしてしまったオイルが危険なのです。

このオイルがオルタ―ネーターに流れて
内部まで浸透することで
オルタ―ネーターの部品が劣化し
故障してしまうことがあります。

最悪は火災の原因となることもあるので
ダイハツなどは
ユーザーに注意喚起の手紙も発送しています。

大事になることもあるので
注意したいですね。


オルタネーターに寿命はあるの?

ここまでオルタ―ネーターの
故障の原因について紹介しましたが
事前に注意していれば防げることもありますが
防げないこともあります。

それが寿命です!

オルタ―ネーターにも寿命があるので
ここからはそれについて紹介します。

オルタネーターの寿命の前兆や症状

それではオルタ―ネーターの寿命に前兆や
症状があるのでしょうか?

前兆や症状としてあり得るのは

・走行中にヘッドライトが暗くなる
・たまにメーターの
バッテリー警告灯が点灯する
など・・・

どこかで聞いたような症状ですよね?

そうです、寿命でも故障での不具合でも
症状は同じなのでオルタ―ネーターの故障で
紹介した症状がたまに感じられるような場合は
オルタ―ネーターの寿命の場合もあるのです。


オルタネーターの寿命は距離?年数?どっちで決まるの?

オルタ―ネーターに寿命があることが
分かりましたが
どのくらいでオルタ―ネーターの
寿命がくるのでしょうか?

距離とか?年数で決まるの?

オルタ―ネーターの寿命は距離でも年数でも
あり得るんです。

まず距離を乗った車の場合はオルタ―ネーター
内部の部品が擦り減ってしまうことで
電気的な接点の接触が悪くなってしまい
発電しなくなってしまうことがあります。

距離的な目安とすると
走行距離が10万Km前後から
このような症状を迎える場合が多いですね。

そして年数ですが、車歴が長くなると
オルタ―ネーター内部の電気部品が経年劣化に
よって不具合が生じて発電量のコントロールが
うまくできなくなってしまうことがあります。

これは走行距離が少なくてもあり得ることで
やはり年数での目安は10年以上の車での
発生が多いですね。

距離と年数、どちらの場合も色々な使用状況
などによって寿命をむかえる時期が
異なってきますので目安は目安として
参考程度に覚えておいてください。

オルタネーターが故障した時にかかる費用は?

ここからはオルタ―ネーターが
もしも故障してしまった時に不安になる
費用について紹介しますね。

オルタネーターが故障してしまった時に
修理するのか交換するのかの
2つの方法が考えられますが
それぞれどの位の費用が必要なのでしょうか?

①交換の場合

最初に交換の場合ですが
交換の場合使う部品が
新品・リビルト品・中古品の選択肢があります。

・新品の場合で¥70,000~
・リビルト(再生品)¥30,000~
・中古品で¥20,000~

車によって価格に開きがありますが
おおよそこの位の金額が目安となります。

この金額の他にオルタネーターの交換工賃が
¥3,500~は必要となるので
中古で安く仕上げても¥23,500以上
費用として考えておいた方が無難ですね。

交換工賃も車によって大きく違いますので
オルタネーターを外すのに時間がかかる車は
¥10,000以上の工賃が必要となる場合が
あるので注意してください。

工賃は修理工場に
問い合わせた方がいいかも・・

②修理の場合

修理の場合ですが
これは故障の原因によって
交換部品が異なります。

部品単体での修理費用は

・一番簡単な修理で接点のブラシ
(ブラシホルダー)の交換の場合で
¥6,000~

・発電をコントロールしている
レギュレーター等の交換が必要な場合で
¥20,000程度~

この他に先ほども紹介した交換工賃が
かかるので安くても¥9,500~の
修理費用が必要となります。


オルタ―ネーターの故障は交換と修理どっちがお得?

それでは交換と修理のどちらが
お得なのでしょうか?

金額から見れば修理の方がお得にみえますよね。

しかし車をもう少し長く乗りたいなと
思われるのであれば交換のほうがお得になる
場合もあるのです。

修理の場合でも壊れてしまった個所だけを修理
すれば使えるようになりますが
その後にその他の個所が
壊れてしまう場合があります。

そうなってしまう可能性もあるので
壊れた個所以外の部品まで予防で交換した場合
中古品やリビルト部品と金額がそれほど
変わらなくなってしまうなんてことも・・

そう考えると交換の方がお得かもね!

オルタネーターの故障はDIYで直せるのか?

オルタネーターの故障に必要な費用って
思っていたよりも高いけど
自分でできないの?

こう思われる方もいますよね。

これは車によっても答えが変わりますが
多少は工具が使えれば方であれば
交換できる車もありますが
最近の車の多くはエンジンルーム内が狭い!

つまりオルタネーターの脱着に技術や
専用の工具が必要な車が多くあるので
あまりお勧めはしません。

せっかく安く直そうとしているのに
脱着するのに失敗して余計な工賃や部品代が
発生しても困りますもんね。


オルタネーター 交換の時期はいつ?

ここまできて
結局オルタネーターの交換時期はいつなの?
なんて突っ込みが来そうですが
もうなんとなくお分かりですよね。

オルタネーターの交換の時期は寿命で説明した
タイミングの頃や
故障の症状が少しでも感じられるような
タイミングとなります。

でも交換時期が良く分からなくても
心配であれば修理工場に持ち込んで
オルタネーターのチェックをお願いすれば
安心ですよ。

テスターを使って
オルタ―ネーターの状態を測定して
寿命や不具合をプロの目で
判断してくれますからね。

オルタネーターは重要な部品?

そして今更ですが
オルタ―ネーターは重要な部品なの?
という疑問もあるのでお答えします。

もちろんオルタ―ネーターは重要な部品です

オルタ―ネーターの一番の役目は
車が動くのに必要な電気を貯めておく
バッテリーの電気が消費してなくなって
しまわないように充電をするための装置です。

オルタ―ネーターが故障してしまうと
バッテリーに充電ができなくなってしまうので
バッテリーの電気が空になってしまいます。

車が必要とする電気がなくなってしまうと

・エンジンが止まってしまう
・ヘッドライトが暗くなるもしくは点灯
しなくなってしまう

このような症状になって危険です。

しかも最近の車は電子制御の部品が
多く使われているのでバッテリーの電気不足は
すぐにコンピューターが異常と判定し
メーターにエラー表示が出てしまいます。

だからオルタ―ネーターは
重要な部品なのです


まとめ

ここまでオルタ―ネーターについて

・故障の症状や原因
・寿命について
・修理や交換にかかる費用

について紹介しましたがいかがでしたか?

オルタネーターの故障は走行不能や
エンジンの始動不能を招くので
発生したときは慌ててしまう場面が
多くあります。

しかし今回の記事の内容を知っていれば
故障を未然に発見できたり
トラブル時に慌てず対応できる
こともできます。

ぜひ参考にして安心で安全なカーライフ
お過ごしください。



車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

修理費用

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

ドライブリペア 編集部をフォローする
ドライブリペア~車の修理専門サイト~
タイトルとURLをコピーしました