スポンサーリンク

車の塗り替え費用!全体を違う色に塗装したい場合の相場は?

ある日、友人が車体全体の色を替えていた
ことがありました。

白→黄緑になっていたのでびっくりは
しましたけど(笑)

その友人の旦那さんが車の整備工場をして
いるので
塗り替えすることに抵抗はなかった
のかもしれませんね。

ですが、そうでなければ、
車体全体の色を変えることは容易では
ないですよね!

「どんな色にしようか?」
「塗り替えて後悔はしないか?」
「どのくらい費用がかかるんだろ?」

など、不安や悩みは付き物です。

でも、待ってください♪
ここで諦めるのは早いですよ~。

解決していきましょう!!

みなさんが抱えている悩みで多い
費用面についてまずはしっかりとリサーチ
して
みなさんにお届けしたいと思います♪

スポンサーリンク

車の塗り替え費用!価格相場はどれくらい?

69a6429eea0424efba52a4064465d6d5_s

塗り替え費用については車の大きさや
どんな色に変えるかによって
変動して
いきます。

また、塗装工場によっても
多少の違いはあるかもしれませんが、

およその相場をご紹介しますと、、、
約10万~20万円で、車体全体の色を
塗り替えることが
できるんです。

色の質やコートの仕方によって、
価格も変わってくるので詳しく表に
まとめてみましたよ!

車体全体をまったく違う色に塗装したい場合

dd769f1c202a401429f7564e17198b11_s

車体全体の色を替える塗装になると、
基本のコースはこちらです。

全塗装基本コース
●軽自動車:148,000円
●普通自動車:158,000円
(コンパクトカー)
普通自動車:178,000円
(インテグラクラス)
●普通自動車:198,000円
(スカイラインクラス)

※ワゴンタイプになると、
それぞれプラス18,000円になります。

そしてオプションのコースです。

塗料にキラキラとした金属や鉱物の粒子
などを
混ぜたものの場合、
塗る工程も増えて割高になります。

コートのオプション
●2コート:15,000円~18,000円
(シルバーメタリックなど)
●3コート:40,000円
(パールホワイト)

今流行りのパール加工は人気みたいですね!

さあ、みなさんはどんな色にするか、
もうお決まりでしょうか?!

|プロが教える塗装の方法|
塗装の仕方を知りたい人必見ですよ♪↓

内装やシートの色の塗り替えはできる?料金は?

外装だけではなく内装やシートのみの
色の塗り替えはできるのかな?と思う
ことありますよね。

もちろんできます♪

革シートやダッシュボードの内装の再塗装
でしたら、
専門の業者に依頼するのが
おすすめです。

シートの汚れや色落ちなどがあっても
新品のようにきれいに塗り替えてくれますよ♡

料金はこちら↓

塗り替え料金
□革レザーシート一脚:43,000円~
□革レザーシート二脚:70,000円~
※全体補修の場合の値段です。
□ダッシュボード:19,000円~

部分的に再塗装するプランもありますが、
全体に塗り替えた方が見栄えはいいですよ!

もしも、
シートの劣化が気になるようでしたら、
ぜひ試してみてくださいね。

車の全塗装!業者とDIYの値段の違いは?

車の一部分を塗装するのであれば費用は
あまりかかりそうにないのですが、
車を全塗装するとなると費用はかなり
かさみそうですよね。

そんな、車の全塗装にかかる値段の相場を
知りたい方のために、以下に業者に依頼した
場合と
自分でDIYした場合にかかる全塗装の
値段の相場
をご紹介させて頂きたいと
思います。

業者に依頼した場合の値段の相場

板金塗装業者に、車の全塗装を依頼した
場合に かかる値段の相場は、
安いところだと普通自動車が10万円ほどで、
軽自動車だと9万円ほどです。

3ナンバー車&RV車の場合は11万円ほど、
1ボックスカーの場合は12万円ほどとなって
います。

もし、マイカーの車齢が15年以上たって
いる場合
上記の料金プラス1万円費用が
加算されるようです。

また、

  • メタリック塗装の場合は
    上記の値段の1.2倍
  • コートパール塗装の場合は
    上記の値段の1.3倍

もの費用がかかるようです。

上記は比較的に安価な板金塗装の業者の
場合の値段ですが、車の車種や業者、
塗装の種類によっては、20万円~数百万円
費用がかかる場合もあるようです。

自分でDIYした場合の値段の相場

自分の車の全塗装をDIYした場合の
値段の相場は、車用スプレーで全塗装した
場合は大体20本ほどスプレーが必要
なります。

自分で施工するため工賃は必要ないので
費用的には2万円ほどですみます。

ただし、スプレー塗料で塗装するとムラが
出るなど失敗する場合もあるようです。

車の全塗装は自分でできる?DIYする方法を紹介

ちょっとの擦り傷だったら可能かもしれませんが、
車体全体となればかなりの重労働です。。。

知識がない素人がすると仕上がりもがっかり、、
という人も少なくはありません。

自分で塗装をDIYすることは、あまりおすすめ
できません。

ですが、ちょっとでも費用を抑えたいので
あれば
挑戦してもいいかもしれませんね。

「できるだけ塗装費用を押さえたいので
車の全塗装をDIYする方法を知りたい!」

という方のために、以下に車の全塗装を
車用塗料を使って刷毛やローラーで塗装
する方法
缶スプレーで塗装する方法
ご紹介させて頂きますね。

刷毛・ローラーで全塗装する方法

車の全塗装を刷毛やローラーを使って
する方法は基本的には・・

  1. 塗らない部分をマスキング
  2. ペーパーでヤスリ掛け
  3. シンナーで油分をふきとる
  4. 刷毛やローラーで塗る

という手順になりますが、そんな車の
全塗装のDIYに必要な道具と塗装する方法
を以下にご紹介させて頂きますね。

使用する道具

①車用の塗料

②バンパープライマー
もしくは樹脂用プライマー

③シンナー(塗料を溶かすために必要)

④幅50センチの刷毛

⑤幅15センチの刷毛

⑥短毛の10センチのローラー

⑦2.4センチ幅のマスキングテープ
3巻以上

⑧新聞紙もしくはビニール

⑧ウエス(毛くずの出ないもの)

⑩ブルーシート
(地面を塗料で汚さないためのモノ)

⑪ドライバーなど車の部品を外す
ための工具

⑫手袋

塗装する方法

①車をきれいに水洗いして乾かします。

②窓ガラスやヘッドライトなど塗装
しない部分をマスキングテープや
新聞紙を使ってマスキングします。

③外せる部品はすべて外しておきます。

④0番程度の対数ペーパーで純正の塗装
が曇る程度にヤスリをかけます。

⑤手袋をしてウエスに脱脂用のシンナー
を含ませて車のボディをふいていきます。

⑥バンパーなど未塗装の黒い樹脂部分に
プライマーを塗ります。

⑦塗料の缶を開けてよくかき混ぜます。

⑧ラッカーの場合はラッカーシンナーを
8割から10割入れてかき混ぜて使用
します。

⑨2液ウレタンの場合は必要量を別容器に
とって、主剤と硬化剤を4:1の割合
で配合し良くかき混ぜ、出来上がった
塗料にウレタンシンナーを2割から
2.5割入れてよくかき混ぜて使用します。

⑩上記で準備した塗料をローラーや刷毛を
使用して車のボディに塗っていきます。

⑪短毛ローラーを使うと平坦な仕上がり
になる上にローラーのパターンが
出にくいのでおすすめです。

⑫1回目はやや透け気味に2回以上塗る
つもりで均一に薄く塗っていきます。

⑬軽く乾いてから再度なでるように
塗ります。

⑭それでもカスレがある場合は、
再度軽く乾かして塗ります。

⑮むらなくきれいに塗り乾かして
マスキングした部分をはがし、
取り外していた部品を取り付ければ
全塗装のDIYは完了です!

youtubeにて車を刷毛塗りで全塗装する
様子を撮影している動画を見つけました。

車にどのようにマスキングして
どのように塗料を塗っていくのか
見ておきたい方は、ぜひ以下の動画を
ご覧になってくださいね。

缶スプレーで全塗装をする方法

缶スプレーを使って自分で全塗装をDIY
するのはムラが出やすいので難しい
のですが、下記の方法で行えば比較的綺麗に
缶スプレーを使って自分で全塗装ができます。

必要な道具とやり方は、以下の通りです。

必要な道具

①缶スプレー

②ボカシ剤

③クリアー用スプレー

④シリコンオフ

⑤マスキング用テープ

⑥サーフェーサー

⑦コンパウンド

⑧新聞紙もしくはビニール

⑨ブルーシート
(地面を塗料で汚さないためのモノ)

⑩ドライバーなど車の部品を外すため
の工具

⑪ウエス(毛くずの出ないもの)

塗装の仕方

①車をきれいに水洗いし乾かします。

②シリコンオフをウエスに含ませて
ボディの表面の汚れや油分を落とします。

③窓やライトなど塗装しなくていい部分を
新聞紙やマスキングテープを使って
マスキングします。

④取り外せる部品は取り外し、
塗装する部分にサーフェーサーを
吹き付けます。

⑤コンパウンドやサンドペーパーで
ボディの段差がある部分を平らに
ならします。

⑥ボカシ剤を液だれしないように
薄く均一に吹きかけます。

⑦ボカシ剤が乾く前に
スプレー塗料で塗装します。

⑧スプレーは平行に塗装することを
意識しながら同じ個所に
複数回スプレーを吹きかけながら
ボディ全体にスプレーしていきます。

⑨缶スプレーは車から15センチから
20センチぐらい話した距離から
吹きかけるようにしましょう。

⑩缶スプレーで塗装して5分経ったら
クリアー用スプレーを
塗装した部分よりも少し広い範囲に
3回から5回ほど吹き付けます。

⑪クリアー用スプレーを吹き付けた後、
1分から2分後にボカシ剤をまんべんなく
吹き付け、ボディが濡れたように見える
まで吹き付け、塗装が乾いた後マスキング
した部分をはがし、外した部品を取り付け
たら全塗装は完了です!

自分で塗装するくらいなら買い換えた方がお得?

このようにボディの色を塗装するのは
結構大変な作業です。

なので、もし費用に余裕があるのであれば、
買い換えてしまうというのもひとつの手段です。

今はネットを使えば高額で買い取ってくれる
優良な業者
が多数あります。

なぜ高額買取が可能かというと、
複数の業者に見積もりを取る仕組みなので、
より高い価格を提示してくれた業者を
選ぶことができるからです。

近所の業者に見積もりを取るだけだと、
その価格が相場と思いがちですが、
全国の業者に見積もりを取れば、
それだけあなたの車を必要としてる業者
がいる可能性が大幅にUPするわけです。

かんたん車査定ガイドで買取相場を確認する

上記のサイトは無料であなたの車の
買取相場を簡単に見ることができます。

かんたん車査定ガイドのおすすめポイント

  • 完全無料で買取相場がすぐわかる
  • 45秒簡単入力のスピード査定
  • 全て優良企業による安心査定

相場を知ることで、買取の見積額が正当な値段
かどうかがわかります。

相場を知っておけば、いざ売るときに
安く買い叩かれる心配がないですし、
交渉も有利に進められます。

また見積もり価格を比較できるので、
最高で60万円も高く買い取ってもらった
というお客さんの声も実際にあります。

これだけ高く買い取ってもらえるのであれば、
新しい車を購入する際に大きな足しになる
と思います。

かんたん車査定ガイドで買取相場を確認する

愛車の相場を知っておくだけでも損は
ないと思いますよ。

かんたん車査定ガイド

まとめると、、、

わたしの意見ですが車の塗装って経年劣化
によって
色褪せてしまったりしますよね。

そんなときには、車体全体の塗り替えって
最高の技術だと思います♪

そんなことができるのであれば、
もし愛車の色が飽きてしまったり、
経年劣化のため塗り替えを勧められたら、
やっちゃうかもしれません。

車体全体の色を塗り替えることで
新車同然になってしまうのですから、
割安な感じがしますね。

みなさんもぜひ、お財布と相談しながら、
車の塗り替えを検討してみては
いかがでしょう♡

スポンサーリンク

車を売る時に後悔しないコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。



修理費用

車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。


⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

ドライブリペア~車の修理専門サイト~
タイトルとURLをコピーしました